汗を抑える方法5選!学生の私が実際に試したこと

2019 12/23
汗を抑える方法5選!学生の私が実際に試したこと

本日は10年以上汗をかきすぎる病気、多汗症に悩んだ私が汗を抑えるために実際に使ってきた商品を5つ紹介します!

私に合っていたか合っていなかったという話なので、みなさんに確実に効くとは言い切れませんが、こんなものもあるんだと知っていただけたら嬉しいです。

私が貧乏学生ということもあり、安い多汗症治療商品も紹介しているので、参考にしてみてください。

今回はあまり私には合わなかった汗を抑える商品も合わせて紹介していきます。

目次

市販の制汗剤

中学生時代、他人よりも汗を多くかくので、汗臭いと言われることが多くなりました。

そこでまだ中学生ぐらいだった私が汗対策として試したのは市販の制汗剤でした。

8×4やシーブリーズなどを使ってましたね。

残念ながら市販の制汗剤は臭いの対策はできますが、汗を抑える効果があるわけではないです。

多汗症の根本的な治療に対してはほとんど使わなくなりましたが、今でも使っているものとして、Ag+などがあります。

AgMENの写真です

多汗症治療は進んでいますが、汗が完全に止まったわけではありません。

なので足が汗で蒸れたあとなどの臭い対策として、今でも常に制汗剤は持ち歩くようにしてます。

やはり足汗をかくと臭くなってしまうので、エチケットとしても必須かと思います!

あと脇汗に対して使いたいという方は、脇汗はベタベタすることが多いので、スプレータイプではなく、シートタイプの制汗剤がおすすめです。

テサラン

テサランの写真です

高校3年生の時に多汗症治療用の商品として見つけたのがこのテサランです。

結論から言うと、私には残念ながら合いませんでした。

一切効果がなかったわけではなく、手汗が止まった時ももちろんありました。

ただこのテサランで気をつけていただきたいのは、汗が出る前の状態の時に塗らないといけないということ。

つまり汗が出てから塗ったのでは遅いんです。

汗が出て欲しくない日などにテサランを塗ろうとしますが、塗ろうと思って準備をするだけで汗が出てしまいました。

汗が出る前にしっかりと塗ることができればもっといい結果になったのかもしれません。

このテサランのいいところは

肌に優しいところ

で、肌に良い成分ばかり使っています。

この後紹介する商品は、どれも手が荒れてしまいました…

テサランはむしろ手が綺麗になったんじゃないか!というぐらい肌に優しかったです。

塗るのも簡単で、手が荒れるなどの副作用的なものもなかったので、あまり汗のレベルが高くない人、女性などにおすすめできるかと思います。

テサランは公式サイトから買うのが最安値となっているので、まずはテサランから試してみて、もし足りないと思った方は次から紹介するものを試してみてください。

テサラン公式サイトへ

デトランスα(パースピレックス)

デトランスαの写真です

次に紹介する商品を購入するまでは、このデトランスα(パースピレックス)をずっと使っていました。

今でも足と脇にはパースピレックスを使っています。

パースピレックスの詳しい説明などはこちらの記事で紹介しています。

あわせて読みたい
パースピレックスの使い方や副作用、安く買う方法も紹介!
パースピレックスの使い方や副作用、安く買う方法も紹介!手汗や脇汗などに悩んでいる皆さん、今までいろいろな対策法を試してきたかもしれません。私もこうしたら汗が出にくくなるよといった噂だったり、色々な多汗症対策商品...

デトランスα(パースピレックス)はデンマークの商品なので、ユーアップというサイトを介して、輸入して交友する必要があります。

使い方は塗ってから寝る、それだけです。

簡単かつ、私自身にとても合っていたのでずっと愛用していました。

問題点といえば、手が荒れたことがあるという点です。

先ほどのテサランと違い、ほんとにびっくりするぐらい荒れた時もありました。

次の日は絶対に汗出たらダメやからいつもより多めに!と欲張ると、あまり汗の出ない部分(指と指の間など)が皮がめくれたりすることがありました。

日本で買えるものはいろいろ試したけどダメだった、でもまだ手術とか病院に行くのは怖いという方におすすめです。

また手足用と脇用が分かれており、こちらも公式サイトからの購入が一番安くなっっています。

手足用デトランスα公式サイトへ

脇用デトランスα公式サイトへ

iontoderma

iontodermaの写真です

iontodermaはイオントフォレーシスと言われる多汗症治療用の機器です。

iontodermaを簡単に紹介すると

手や足を水に浸し、電流を流すことで汗を止めるというものです。

Twitterなどで色々調べて、こちらの商品に出会いました。

値段は約3万円、学生には高い買い物でしたが大変満足しています。

こちらの商品も日本では販売されておらず、海外のサイト(全て英語)で購入する必要があります。

治療時間は手20分、足20分の合計40分です。

時間がかかってしまうことやパースピレックス同様手が荒れてしまうのがデメリットです

この電気を流す治療法というのは、実際の病院でも多汗症治療の方法として使われています。

毎回病院に通い電気を流してもらうことも考えましたが、結局iontodermaの方が安上がりになりそうとこちらを購入しました。

今では毎日やる必要もなく、3日に1回とか、時間を短くするなどしても大丈夫になりました。

正直手術をするかどうか?まで考えていたので、この商品に出会えて本当に良かったと思っています。

iontodermaを使ってみた感想や購入方法はこちらにまとめておきました。

あわせて読みたい
効果はある?iontodermaを1ヶ月間使ってみた感想
効果はある?iontodermaを1ヶ月間使ってみた感想多汗症治療の為に使われいるイオントフォレーシス製品、iontodermaは効果があるのか?iontodermaを1ヶ月間使ってみて、手や足の汗はどうなっていったのか?紹介していき...
あわせて読みたい
iontodermaを日本で購入する方法と気になる点を紹介!
iontodermaを日本で購入する方法と気になる点を紹介!私が実際に多汗症治療のために使っているiontodermaという機器の購入方法について紹介していきたいと思います。iontodermaはイオントフォレーシスといわれる多汗症治療...

Dermadry

Dermadryはiontoderma同様にイオントフォレーシスの機器です。

iontodermaとの違いとしては

画面がある
自動で電気が入れ替わる
脇治療もできる

これらについては細かくこちらで紹介しています。

あわせて読みたい
Dermadryの評価は?他の機器よりもDermadryを買うべき4つの理由!
Dermadryの評価は?他の機器よりもDermadryを買うべき4つの理由!私はもともとiontodermaで多汗症治療を始めて、現在Dermadryを使用し、多汗症治療を続けています。実はDermadryで通算二つ目のイオントフォレーシス機器になるのですが...

今iontodermaかDermadryを購入するならDermadryをおすすめします。

ただiontodermaと同じように3万円とお高い買い物です。

返金保証も付いているので、まずは試してみるというものおすすめです。

汗を抑える方法5選のまとめ

今回は私が実際に使ってきた汗を抑えるための商品を紹介しました。

制汗剤
テサラン
テサラン公式サイトへ
パースピレックス
足用デトランスα公式サイトへ脇用デトランスα公式サイトへ
ionrtoderma

Dermadry

今回紹介した商品が必ず効く!!とは残念ながら言えません。

それぞれ症状は違いますし、その方にあった治療方法というのがあります。

でも私自身もいろいろ試して、やっと自分に合ったものに出会えました。

このブログを見てるあなたはすでに行動を起こそうとしています。

少しでもあなたの悩みや不安が改善されることを願っております。

目次