MENU

多汗症と汗っかきの違いとは?対処法を間違えると危ない?

2019 12/23
目次

汗っかきではなく、多汗症だった場合はどうすればいいの?

病院で多汗症だと診断されると、今度はどのような治療をしていくのかを決めることになると思います。

一つは手術になると思います。

先ほどのガーデンクリニックでは20分で切らない多汗症を治すことができるをモットーとしています。

皮膚を切ったり、時間がかかることも多い多汗症手術ですが20分間で切らずにできるのは魅力ですよね。

しかしそれでも手術は怖いという方もいらっしゃると思います。

現在は塩化アルミニウムによる治療、イオントフォレーシス、ボツリヌス注射などたくさんの治療法があります。

しかし手術と違って、どの多汗症治療法もずっと続けなくてはいけません。

もちろん手術もやったからといって確実に治るわけでもないですし、再発する可能性も充分にあります。

今後の人生をさゆうするからこそ、どの治療を選ぶかはやはり病院に行ってしっかりとカウンセリングを受けたうえで選ぶのがいいです。

汗っかきが多汗症治療をしてしまうとどうなる?

普通汗というのは、上がった体温を下げるために出ています。

汗が気化するときに、体の熱を奪ってくれるというのは聞いたことがある方も多いと思います。

汗っかきの方は、それだけ体温が上がっているから多くの汗をかくわけです。

なのに多汗症治療をして汗を止めてしまったらどうなるのでしょうか?

汗を止めてしまうと、体温を下げることができなくなるわけなので熱中症などの病気になってしまい、最悪の場合は死に至るわけです。

現在は多汗症治療のためのものは個人で簡単に買うことができるので、私は多汗症だからと汗っかきの方が思い込んで買ってしまうと思いもよらぬ事故につながる可能性もあります。

何度も言っていますが、まずはしっかりと病院で診断を受けるのがおすすめです。

ガーデンクリニックの多汗症治療

汗っかきと多汗症の違いのまとめ

今回は多汗症と汗っかきの違いについてお話させていただきました。

汗っかきの方もまずは病院でお話を聞いてみるのがおすすめです。

もし変に多汗症治療用の機器を買うなどすると、熱中症などの事故につながる可能性もあります。

まずは自分が多汗症なのか、汗っかきなだけなのかしっかりと病院で判断してもらいましょう。

もしそれで多汗症ならすぐにでも治療を始めていいと思います。

多汗症治療を始めるのは早ければ早いほどいいです。

多汗症治療に関しては現在は安いものでしたらパースピレックス

あわせて読みたい
パースピレックスの使い方や副作用、安く買う方法も紹介!
パースピレックスの使い方や副作用、安く買う方法も紹介!手汗や脇汗などに悩んでいる皆さん、今までいろいろな対策法を試してきたかもしれません。私もこうしたら汗が出にくくなるよといった噂だったり、色々な多汗症対策商品...

高いですが、使い続けることのできるDermadryなどを使用しています。

あわせて読みたい
Dermadryの評価は?他の機器よりもDermadryを買うべき4つの理由!
Dermadryの評価は?他の機器よりもDermadryを買うべき4つの理由!私はもともとiontodermaで多汗症治療を始めて、現在Dermadryを使用し、多汗症治療を続けています。実はDermadryで通算二つ目のイオントフォレーシス機器になるのですが...

多汗症の方には参考になると思いますので、ぜひ活用してみてください。

1 2

コメント

コメントする

目次
閉じる